FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルギス入国 2

2007年07月15日 22:06

さて、キルギス側イルケシュタムから10km地点、

道路から見えないところにテント張りました。


7/14

今日は国境の開いてる時間を気にしなくてもいいので、のんびりコーヒーを飲んで行動開始。

今日の最大の難関はその道路。

なんと約78kmも未舗装。ダート!

どうやら軍事的な緩衝地帯らしいです。
IMGP1496.jpg


これがその道路。こんな道が78kmも続きます。

勾配は、10%前後(1000m前に進んで100m上がる)、結構きつい。

さらに風速10m前後の強い向かい風。

自転車に乗って進むのは無理。。。押して進みました。。。

足場を取られて、平均時速も6km/h


先を行くピーターは、ぐいぐい進んでついに見えなくなってしまい。

なんとか20kmこいで峠の頂上まで達するも、突然、突風が吹いて転倒。

まったく風を遮るものがない稜線に立っている自分に容赦ない強風。。。

さらに雨がふってきて、3500mの標高もあり、温度計はなんと5度。(7月なのに!)

さらに強風で体感気温は0度近い。。。


キルギスは、旧ソ連の国なので、外国人登録が必要です。

それが入国後3日以内。オシュまで250kmほど。


自転車で進んだらまず間に合わず、罰金2000ksが待っています。

選択肢は一つ。


というわけで、凍えながらトラックをヒッチ。


ソ連製の頑丈なカマストラック。

こいつでオシュに向かうことにしました。
IMGP1500.jpg


カマスは、ありえないくらい悪い道をぐいぐい進む。。
IMGP1502.jpg


途中でピーターをみつけ、事情を説明し、旅の安全と再会を願って別れました。

結局ピーターは20kmも先を進んでいました。


さて、この日の天候はまさに最悪。

なんと3600mの峠を降る際、ついにヒョウが降り出す始末。。。
IMGP1507.jpg


未舗装の濡れた峠、ヒョウ、気温はひとケタ。。。

トラックの中にも透き間風が入ってきて寒い。。。
IMGP1509.jpg


そんなこんなで、途中、カフェによって夕食をとりました。

IMGP1512.jpg

しかし、この店員の女の子。

上手な英語で、[あなたは、この運転手の分の食事代を払わなければなりません]と俺に一言。

ちょっとびっくりして説明を求めると、どうやら飯代をはらえばタダで乗せてくれるらしい。

というわけで、飯代を払い、徹夜でトラックを進め、今日の早朝、オシュにつきました。。


道も満足につくれない国、それがキルギス。第1印象です。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kimmscc.blog26.fc2.com/tb.php/78-681424f8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。