FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯とめた。

2007年04月30日 16:50

自転車と荷物は、大阪のヤマト運輸に送った。

徐々に近づいてくる。
スポンサーサイト

荷造り第二段階

2007年04月30日 12:55

フロントのバッグ

右 工具類 4kg
左 スペアパーツ、鍋、バーナー 3kg

計7kg(耐荷重10kgなので、マージンが3kg)

リアのバッグ
右 衣類、本、その他 7kg
左 寝袋、マット、薬、ビデオカメラ、アダプター関係 6kg

リアのザック
身の回りのもの、すぐ使うもの 5kg

テント 2kg

計20kg(耐荷重18kgなので、2kgオーバー)


砂漠では水を積む。

前5kg、後ろ5kgが限度か。。。

考え方

2007年04月29日 07:59

「バックパッカーのバイブル」とも言われる
沢木耕太郎さんの「深夜特急」のレビューをmixiに書いてみた。

有名な本なので、
他にもレビューを書いている人がたくさんいたが、
その中で、興味深いレビューを書いている人がいた。

↓引用---------------------------

「俺はこんなに危なくてマニアックな旅をしてるんだ」という自意識過剰な内容ではなく、かなり内省的だという印象を受けた。
読んでいる側としてはただ世界を見られることがうらやましいとしか思わないけれど、「自分は元の世界にもどることができるのだろうか」と悩むことがあるのか、と新鮮なおどろきだった。
世に氾濫している旅自慢本とは一線を画している。そこが支持を得る理由なんだろうなあ。

---------------------------------

>「俺はこんなに危なくてマニアックな旅をしてるんだ」という自意識過剰
>世に氾濫している旅自慢本とは一線を画している。

という言葉に共感を覚える。
mixiは一種の麻薬だからね。

当たり前だけど、自分の成長のために行ってきます。

たしかにブログに書いたり、mixiに書いたりしてコメントもらえるとうれしいんだけど、

根本的なところに、「自分のため」という気持ち、
それだけは、失わないようにしたい。

荷造り

2007年04月29日 07:31

荷造りを始めた。

自転車の工具とスペアパーツをバッグにまとめたところ、5kgになった。

フロントキャリアの耐荷重が10kgなので、早くも半分消費。

重量のバランスと軽量化が、フロントキャリアを破損させないためのキーになってくるんだが…。


ちなみに自転車のキャリアの耐荷重は、前10kg、後ろ18kg
合計28kgくらい。

身の回りのものを20kg以内に抑えて、後は水を積みたい…。

あと6日

2007年04月28日 11:00

やることが結構ある。

どれから手を付けてよいやら…。


最近、夜が結構怖い。

んー。ちょっとずつ実感がわいてきたようだ。

音楽の準備1

2007年04月24日 12:17

自分の合唱のルーツが突き詰めれば賛美歌にある。
という話は、いろいろなところで話してる。

何を思ったか、昨日、渋谷のtutayaで大量の賛美歌のCDをレンタル。

6枚w

しかも東混が歌ってたりする笑

日本語の賛美歌なんてかっこ悪いー。とか思ってたんだけど笑
歳のせいか、スッと頭に入ってくる。

あまり落ち込みたくないので、賛美歌75番とか130番とか、
ハイテンション系の曲をリピート。


子供の頃から16年間教会に行っていたせいで、ほぼすべての曲を暗譜している…。

たまに間違うけど笑

この記憶力を違う分野に発揮したかった…。


もちろんipod行き。持っていきます。

******
牧師先生に、旅に行ってきます。と先日のイースターの際に行ったら、携帯版の新約聖書を渡された…。

表紙に「BIBLE」と書いてある。

これを持ってイランとか行ったら、ボコボコにされないだろうか…。
税関で入国拒否されないだろうか…。不安。

いまの心理状況

2007年04月22日 00:33

同輩がバリバリ仕事を始めたり、後輩が就活でがんばっていたり、

そんなmixiの日記が続くなか、

焦燥感はやはりとても強く感じています。


日本の社会に溶け込んでいく友人たち。

その姿に少し違和感を感じるのはなぜだろう。

これから60歳まで、40年間近くの人生のレールが引かれてしまっているわけだ。

そのことに強く違和感を感じる。


というか人間の生存理由というか、生き方、幸せ、

とかそんなこと。


別に一生遊んで暮らしたいとかではなく、

自分の能力を適切に生かしたい、とかそんなこと。


社会人の友人を見ると、

半分以上の人が日々の生活や仕事に追われ、

広く世の中のことに関心を持つ暇がない、というか興味が無いような、

そんな日記が散見される気がする。


自分自身、正直なところ、

今回の旅は、なんらポジティブな目的は無く、

「就活から逃げたい」とか、「学生として遊びたい」とか、

そういうネガティブな目的が大部分を占めている。


逆に言えば、
「就活から逃げる」のは今しかできないし、
「学生として遊ぶ」のも今しかできない。


今回の旅をみんなに打ち明けてから、その反応を見ると、

いろいろ興味深いことがわかったりする。


こういう旅にでるには、ちょっとの勇気と。

人生を捨てる覚悟が必要。



いまのところ生命の危険という実感はわかず。

でも突然やってくるものなのかもしれない。

運命?

海外からも使えるようにと。

2007年04月20日 09:33

サイトをwikiに移設したが、これがすこぶる使いづらい。

やはりwiki文法でできることは限られている。

というかHTML文法からwiki文法に変換するのは限りがある。


さらに言えば、@wikiはやはり発展途上。

できないことが多すぎる。

これならこれまでみたいに、自分のサイトに作ってたほうが良かったかもしれない。

すいません

2007年04月19日 00:06

出発は、5/4になりそうです。

ウズベクビザは、やはり日本でとっていきます。

当初の出発予定は、4/9(笑)

こんなにずれ込むとは…。

優柔不断男の本領発揮…orz


詳細は、前の記事を参照してください。

ブレーキとチューブとフェンダー

2007年04月18日 21:45

これでパーツは全てそろった。

あ、ごめん…。

いや、あと予備スポークだけだ…。

NEC_0001.jpg


ブレーキは、一番大切なパーツ。
今のブレーキでも特に問題はないんだけど、念のため、
後輪だけ新品のVブレーキに変えることにした。

フェンダー(泥除け)は、安くて頑丈なやつを選んだ。

チューブは、シュワルベ。


******

資金がちょいと不安。

45万くらいあるんだが、なんとか50万を越えて余裕を持って旅をしたい。

トラベラーズチェックと保険、船便の確定、

学校関係の事務手続きなど。


やるべきことはあとは事務手続きだけだ。


くっそ…

2007年04月18日 14:05

ビザ。

中国ビザの申請が思うようにいかなかった。

改めて確認すると。
ビザが必要な国は、中国、ウズベク、トルクメ、イラン。

中国ビザが取れるのが、21日(土)

トルクメとイランビザは、道中で取るので問題ないとして、

問題はウズベクビザ。

道中で、ウズベクビザが発行されている場所は、北京とビシュケク。
その両方とも、俺は通過しない予定。

日本で取っていくとなると、
中国ビザがとれてパスポートが返却された日の次の月曜、
4/23に申請して、取得できるのが5/1。

もし何かあって、5/1に取得できない場合。

ゴールデンウィークに巻き込まれ、10日以上も取れないことになる。


選択肢は3つ。

1つは、ルートを逸れることになるが、一度ビシュケクに向かい、2週間ほどかけてビザを取得する。(ロシア語のみ)

1つは、北京の在中ウズベク大使館によって、1週間をかけてビザをとるか。(何語だかわからん。)

1つは、出発が遅れるが日本でとっていくか。


船は、4/27で取ってある…。


ホイール

2007年04月16日 15:22

新しいホイールが届いた。

Mavic EX721

NEC_0018.jpg


さまざまな人に話を聞くと、マヴィックは評判が悪い。
・リムにクラックが入る。
・使用しているアルミが長距離ランに向かない。
などなど。

実は、自分もsunringle(sunrims)の「rhyno」というリムが欲しかった。
ハブはLX。

しかし数件のショップに問い合わせても在庫がなく、出発に間に合いそうになかったのと、全部組んでもらうと値段が高くなるので、しかたなくEX721にした。
EX721は、マヴィックにしては頑丈なほう。(だと思う)

スポークはDT Swiss Champion 2.0mm。
ハブは、SHIMANO Deore。

しかし、32H。
36Hでは組んでもらえなかった…。

これが吉とでるか凶とでるか。

クラックが入らないように、荷物の軽量化、そしてスポークのテンション、路面の選択など、気をつけることにする。


キャリアにのせる荷物も、耐荷重制限の8割に収まるように努力しよう。

初めて

2007年04月12日 15:03

いまある装備をすべてつけてみた。in近くの公園。
DSC02080a.jpg


で、この装備のまま、郵便局へ行き、ビザ発行のため書留で、パスポートを代理店に送付。

4キロくらい走ったが、とくに問題はなさそうだった。

段差があるたびに、ガタン!とサイドバッグが揺れるがこれはしかたないことだろう。

で、アルペンに行って、スキーのゴーグルを買って来た。
DSC02088a.jpg


もちろんスキーに行くわけではなく、砂漠の砂嵐対策。

3999円を2680円に値切ったw
まぁ傷もあったし、1000円でもいいくらいだけど。

ビザ、やら保険やら、チケットやら、T/Cやら

2007年04月11日 10:05

いろいろめんどくさいことが多い。

まず、ビザ。
道中、ビザが必要になる国は、
中国、ウズベキスタン、トルクメニスタン、イラン
の4カ国。たった4カ国。

中国ビザは、オンラインで90日シングルを6000円で取得。7日間。
ウズベクビザは、自力で取ろうと思っている。9日間。

ぐあー全く時間的な余裕がない。

ふぅ。


保険は、三井住友海上の海外総合旅行保険。
7ヶ月で8万くらいのもの。

チケットは、大阪港4/27発ー上海4/29着で18000円のを予約。

T/Cは米ドルで。発行まで3日かかるといわれた。


時間ないわー。

予防接種はあと3回。

最後の接種が4/25。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。