FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ近郊、東に約30km、サビーネ山脈麓にある町。

2007年08月28日 14:57

ここ(Google Map)

に、パレストリーナという町があります。

ようやく場所を確認できた。現存してますね。

彼の生家は記念館になっているらしいです。

よし!いくぞ!
スポンサーサイト

やばい、間に合わない

2007年08月26日 22:01

だいたいの帰国日を決めたのが数週間前。

昨日、残りの距離を計算しました。。

残り3500km…。



3500km!?



ごわ…。まだまだ全然残ってる…。

あと1ヶ月半で終わる気がしません…。

どういうルートを選ぶか…。

ローマで終わりにするのか。

もう悩みまくり。お金も厳しい。


なかなか大変な状況です。

イスタンブールの街

2007年08月25日 18:55

まずは食べ物編です。

DSC02762.jpg

これは有名なドネルケバブ。
巻いた肉を火であぶって、そぎ落とし、パンにはさんで食べます。
この店は、炭火であぶってる本格店。

DSC02767.jpg

さばを焼いてます。いいにおい。

DSC02763.jpg

ケバブ屋のにいちゃん。笑顔が素敵(笑)

DSC02832.jpg
釣りしてるおっちゃんです。

DSC02830.jpg

意外と大漁…。

レンタル竿屋とか、餌屋とか。。。
もうなんでも商売にします。

-------------------
自転車を修理しました。

ペダルの付け根にある、ボトムブラケットという部分です。
DSC02847.jpg

ひどい錆び…。これはさすがに焦った…。

DSC02852.jpg

SHIMANO製の新品のものに交換しました。

サイズは、68の110。4角クランクです。

DSC02850.jpg

交換終了。

この店の周辺に自転車の問屋がたくさんあって、たいていのパーツは手に入りますが、工具を持ってないので、別の店に行かないといけません。
めんどくさい・・・。

シュワルベのタイヤも入手可能。

-------------------
次は街の風景です。

DSC02774.jpg
リュートが売ってました。

DSC02789.jpg

警官はもちろんマシンガンで武装。

DSC02790.jpg

セブンイレブン発見。

DSC02825.jpg

DSC02839.jpg

DSC02824.jpg

DSC02822.jpg

街の人たちです。

女の子はとてもおしゃれ。
ムスリムですが、その宗教的な衣装にもこだわりがあるみたい。

最後の写真はガラタ塔、新市街の目印です。


ネット代が高騰していて、今までのように更新できないこともあるかもしれません;;

記事がだんだん短くなってますね。笑

気合入れなおそうっと…。

だがイスタン。

2007年08月23日 14:55

には、信用できないトルコ人も多いようです。

昨日、あるトルコ人に話しかけられました。


「コンニチハ、僕もサイクリストなんだ。一緒にお茶でもどう?」


話しかけてくる人に警戒する癖がついていて、

本当にサイクリストなのかどうか、確かめる質問をしてみる。


俺「君の乗ってる自転車はどこのメーカー?」

トルコ「ビアンキだよ!」
(俺のチャリのフレームのメーカー名を読んだらしい。)

俺「そりゃすごい!で、どこの国が作ってるの?」

トルコ「そりゃトルコに決まってるじゃないか!」

俺「…(アホか、こいつ…)」

俺「正解は、イタリアでしたー。バイバイー(笑顔で)」


チャリ乗りなら、ビアンキがイタリアのメーカーってことは常識…。
(製造は台湾だけど…この質問は上級編。。)

話を合わせようとデタラメを言うトルコ人もいます。



あまり拒絶しすぎてもツマラナイし、

かといって、みな信用するのも危険。


人を見る目が大切です。

旅も残りわずか。

さばサンド、うまいっす…

2007年08月22日 15:27

昨日はイスタンブールの街を自転車で走り回ってきました。

ちょっとイスタン気に入ってます。
活気があって、洗練されてて、でも伝統が生活に垣間見える。

今日も走ってこようと思いますが、
とりあえず、昨日の分だけ写真を上げます。


_IGP1984.jpg
ボスポラス海峡で釣りをするイスタンブール市民


_IGP1988.jpg


_IGP1992.jpg
名物のさばサンド。

いやこれはマジで美味い。焼きたてで辺りにはサバのいいにおいがたちこめてます。

日本でも作れそう!


_IGP2004.jpg
ローマ時代の水道橋です。
ここはかつてキリスト教の中心地。
うーむ、なんというか。すごい。としかいえない。

今までの国とのギャップが…。


_IGP2010.jpg
路地を下るとその先は海です。
なんだかサンフランシスコみたい笑

宿のそばで撮ったんだけど、この辺は服やら靴やらの問屋街で、大量の品物が売られてます。


_IGP2013.jpg


_IGP2020.jpg
ボスポラス海峡にて。

_IGP2027.jpg
写真を撮ってみた…。ちょっと疲れてる顔…。


_IGP2029.jpg

DSC02735.jpg
バーガーキングやマクドナルドがある、もう完全にヨーロッパ。


DSC02738.jpg

DSC02739.jpg
アヤソフィアとブルーモスクです。


DSC02743.jpg
一歩路地裏に入るとなんとも落ち着いてて良い感じ。

中央アジアでは、路地裏はちょっと怖くて入れないし、
中国は汚くてとても近づけない。

イスタンの街はきれいです。
ゴミを捨てない。


DSC02758.jpg
6世紀ころに作られた地下の貯水槽です。
ここは昨日唯一入場料払った場所(笑)1000円もした!!!

DSC02753.jpg
メデューサ。

しかし入場料1000円か…。うーむ。
一日生活できるぞ…。



police.jpg
イスタンブールではテロを警戒してか、警察官がHKMP5A4サブマシンガンを携帯してます…。
ちょっかい出すと蜂の巣にされそう…。

ではでは。

朝ごはんを作らないと。自炊自炊…。

飛んでイスタンブール~♪

2007年08月20日 23:34

イスタンブールにつきました!

長かったアジアに別れを告げて、ヨーロッパの地に降り立ちました。


タシュケント発、イスタンブール行
トルコ航空TK1371便
機材は、ボーイング737-800

このボーイング737-800は、NGシリーズ(NextGeneration)と呼ばれるボーイングの民間機のなかでも最も新しい機種だったりします。

が、今日ネットで知りましたが、この737-800が那覇で爆発したようですね。。。

ちなみにこの737-700から900はちょくちょく事故ってて、
去年もギリシャで与圧が壊れて、墜落したりしてます…。

まぁでもボーイング777の技術を反映して作った最新鋭機なので、快適快適。液晶モニタを含め、なかなかのグレードでした。
キャプテンのランディングもグッド。

個人的には、タシュケントのターミナルでみた、

ツポレフやイリューシンなんかのエンジン音に興味深々だったんだけど…


あー話がそれた…。

ちょっとイスタンブールの写真を載せますね^^

_IGP1925.jpg

ちょうど日の出直前の離陸で西に向かっていたので、
つねに太陽に追われる感じでした。

初めは窓から外見ても何にもわからなかったけど、
日が昇るにつれて、雲海に日が当たって、なんとも幻想的な風景でした。

_IGP1945.jpg

着陸直前。

DSC02706.jpg

イスタンブールのアタチュルク空港です。
シティバンクやスターバックス、ボーダフォンに自動販売機まで…。

今までの国とは雲泥の差です。

DSC02713.jpg

自転車はこんな風にしてちっちゃくします。

ちなみに自転車が18.6kg
荷物が16.9kgありました…。

計35.5kg。

荷物が無料なのは、20kgまでなので、15.5kgオーバーです…;;

最初、1kg5ドルのオーバーチャージで、77ドル請求されたけど、いろいろ粘った末、結局無料に!!

ありがとーウズベク人の係官。

ノー賄賂で乗り切りました。

_IGP1978.jpg

日本と同じように湿度が高く、じめじめした気候です…。

DSC02717.jpg

イスタンブールは完全にヨーロッパです。
町並みも交通機関も商品も…。

クレジットカードはほとんどの店で使えるし、PLUS対応のATMもあちらこちらにある。警官に怯える必要もないし、ね。なんか…すげー。

DSC02731.jpg

トラムはたぶんシーメンスの低床車、制御はVVVF。
二編成を連結してるので、かなり長いです。

DSC02727.jpg

中心部のグランドバザールに行ってきました。
観光客向けのものしかないけど、イスタンブール、おもしろいです。


1週間で出ます!

だから明日から精力的に観光。

軍事博物館に行って、マーチングバンドの原型となった、
トルコの軍楽隊の演奏を聞いてきます。

あとは、いよいよヨーロッパに入るということで、
大切な音楽史の勉強、復習も。。しなくては。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。